前へ
次へ

専属専任媒介契約と不動産売却の関係

家を必要としなくなった場合や土地を必要としなくなった場合には、不動産売却をすることになるはずです。この不動産売却は、不動産売却を専門的に行っている不動産会社に依頼するのが普通になります。不動産売却における契約方法は3種類あり、中でもあまり知られていないのが専属専任媒介契約になります。専属専任媒介契約の特徴は、特定の不動産会社としか不動産売却の契約を結ぶことができないことです。つまり、1回契約を結んでしまった場合には他の不動産会社と契約を結ぶことができないため解除することすらできないことを意味しています。そのような意味で、この契約方法をとるならば確実に不動産売却をするときにこの業者しかないと判断できる場合に選びましょう。報告義務があり、不動産売却がうまくいっていても行っていなくても不動産会社としては売主に対して1週間に1度報告をしなければいけません。また、レインズに登録をすることが必要になります。

Page Top